現代フォーフィニッシュは様々な材料とテクニックでレンガ調、マーブル調、木目調、異国風な風合い感をはじめ、スペースのイメージに合わせた塗装方法が可能になりました。店舗やレストラン等で多くで普及されるようになり、今や世界のインテリアデザインには欠かせない塗装方法となっています。     > GALLERY

 
xaffetto-facade-detail04-1.jpg
IMG_4250.jpg
inside-cheetah-hunt-busch-gardens-daas-2011.jpg

ベネシアンプラスター

ベネシアンプラスターはトスカーナ調の暖かみのある質感を演出します。

この技法は壁に用いられるだけではなく、コンクリートのフロアにもよく使用されます。

このプラスターワーク(石膏)には大理石、砂や石灰などの模様が細かく含まれており、アーティストの手の見せどころを言える技法です。

エイジングプラスター

この技法はイタリアの古風な町並みを演出します。

プラスターワーク(石膏で質感をつくる)を行い、暖色系の色を重ねて色調を和らげ暗い部分と明るい部分を作ります。

表面の艶感を出すことで高級感を与えます。

 

カラーウォッシング

カラーウォッシングとはフォーフィニッシュテクニックの1つであり、やわらかい質感とわずかなエイジングを施し、狭いスペースでも

色の効果によって平らな壁も立体感を出します。オイル塗装や水溶性の塗料の表面上に、クロス、ブラシ、スポンジなどを用いるテクニックです。

最後に塗布する色がメインのカラーとなります。

このテクニックは空間に個性を創るのに適しています。